【蒸籠(せいろ)の魅力について語ります】私が「照宝・竹素材・24センチ・2段」の蒸籠を選んだ理由とは。

蒸籠の中に入ったシュウマイ 買いもの

長い間、蒸籠(せいろ)を買うか否か悩んでいました。 購入された方の感想をお聞きすると

・「もっと早くに購入すれば良かった」

・「野菜や芋が甘くなり、驚くくらい美味しくなる」 という意見が多いです。 見た目も可愛いし、欲しいなー( *´艸`)とは思うのだけれども。

本当に自分が使いこなせるのか? ちゃんと管理しないとカビが生えると聞くし、値段も高いし・・。 と悩む日々でしたが、先日、思い切って購入しました! 購入を考えておられる方に、私なりの感想をお伝えしますね。

スポンサーリンク

メーカー

私は横浜中華街の照宝さんのサイトで購入しました。 他サイトでも取り扱いされているのですが、私が欲しいと思った商品はこちらのサイトが一番安かったので。 

購入しようとサイトにいったら、欲しい商品が「在庫ゼロ」になって購入出来ず。 メールにて問い合わせをしたら数時間後に返信いただき、すぐに在庫補充していただきました。 入金確認後、発送していただき、注文から3日後に届きました。

素材

杉、杉上製、竹、白木、桧の5種類あります。

お値段は左→右に向けて高くなっていきます。 私が重視した点は「木の香り」。 個人的には木の香りが好きなのですが、家族に「匂い」に敏感な者がおりまして、多分、嫌がるだろうな・・と思われたので、一番匂いが少ないと書かれていた「」を選択しました。 蒸しているときは竹の良い香りがしますが、食べ物は無臭です。

また、これはあとで知ったのですが、竹は他の素材と比べて殺菌作用が強く、カビが生えることが少ないそうです。 使用後は毎回、湯または水で濡らした布で拭いてから陰干ししています。 

身と蓋が単体売りされているため、「身1つ+蓋=1段」にしたり、「身2つ+蓋=2段」にしたり出来ます。 私は、蒸し板も一緒に購入したかったので、蒸し板付きの2段で購入しました。 こちらは「蒸し板+身2つ+蓋」のセット商品です。

大きさ

15センチ、18センチ、21センチ、24センチ、27センチ、30センチの6種類あります。 私はそれまで自宅で使っていたステンレス蒸し器が24センチだったので、同じく24センチを購入。 

「大きすぎるかなぁ?」と思っていたのですが、実際、届いた商品はそれほど大きく感じられず。 1段目に点心、2段目に野菜、、と使用する際、4人家族では少し小さく感じることもあります。 27センチでも良かったかな?とも思います。

蒸し布

蒸し布も一緒に購入しました。 30×30センチです。 野菜を蒸す際に使用。 焼売や肉まん等を蒸す際はクッキングペーパーを使用しています。

良かった点

晩ごはん作りが楽になった

食材を準備して蒸籠に入れたあと、20~30分くらいは蒸籠にお任せできるので、その間に弁当箱を洗ったり、お風呂を洗ったり、洗濯物を畳んだり、ほかの家事を済ませることが出来ます。 

また、主菜と副菜が同時に作れるため、洗い物が楽になりました。 (蒸籠は洗わずに布拭きです)

サツマイモ、じゃが芋、きのこ類、ブロッコリー、キャベツ、、聞いていたとおり全部甘くなりました(^^♪ 野菜があまり好きではない子どもたちもいつも以上に食べています。 イモ類は甘みが強いのでおやつとしても出せるのはないでしょうか。 「鮭のホイル焼き」は、いつもトースターで作ってるけれども、蒸し器のほうが身がふっくらします。 あと意外だったのが「蒸し豆腐」。 耐熱皿に豆腐を入れて蒸すだけなのですが、こちらも美味。

見た目が可愛い

これ、かなり大きいです! 蒸している姿も可愛いし、肉まんや焼売を蒸して食卓に出しても可愛い!! 使用後は布で拭いたあと、影干し。 その後、どこに収納しようか、と悩んでいたのですが、普通にキッチンに出しておいて可愛いー♡

まとめ

最終的に考えて、蒸籠(せいろ)を買ったことは大正解!!

みなさんがおっしゃていたように「もっと早く買えば良かった!」 到着後は、ほぼ毎日使用しています。 管理に関しても、ほぼ毎日使用しているので乾かしがてら昼間はキッチンに置きっぱなし。 何より見た目が可愛いので、置いてあっても全然邪魔じゃない。

私は照宝さんの商品を選びましたが、メーカーにこだわらなければ安く手に入れることも出来るかと思います。 (ただ、そうなると作りがしっかりしてるのかな?というのは気になりますが)

以上、私の蒸籠(せいろ)に関する感想です。 購入を悩んでおられる方のお役に立てたら嬉しいです。

【2019年購入して良かったもの】無印良品で大人気のあの品、照宝、衣料洗剤などなど。我が家のリピ買い決定!
【2019年★購入して良かったもの】無印良品の有名なあの品、CMで見かける衣料洗剤、そして雑誌で見かける照宝の蒸籠(せいろ)。今年も多くの「お気に入り」と出会うことが出来ました。我が家のリピート買い決定!