映画【ジョジョ・ラビット】いつの時代も「自分軸」を持って生きていきたい。心温まる傑作でした。

ジョジョラビットのパンフレット 映画

先週公開された映画「ジョジョ・ラビット」。

大好きな映画「ライフ・イズ・ビューティフル」を彷彿させる作品、ということで早速映画館で観てきました。

スポンサーリンク

ストーリー

舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。
主人公は、10歳の少年ジョジョ。

ジョジョはナチス・ヒトラーを崇拝する少年。
母との二人暮らしの屋根裏で見つけたのは
なんと母が匿っていた「ユダヤ人の女の子」です。

ユダヤ人は「人間じゃない」「角がある」と教育を受けていたジョジョ。

しかし少女と接していく中、
ジョジョは次第に少女に好意を抱いていきます。

登場人物

ジョジョ、母、ユダヤ人少女、ジョジョ友人、アル中大尉、
そしてジョジョの妄想で出てくるヒトラー。

登場人物は少なく、その代わりに一人一人の個性がしっかりしています。

感想

軍キャンプで、ウサギを殺すように命じられたのに
殺せなかったジョジョ。

ユダヤ人少女を屋根裏に匿い続けた母。

「ドイツは戦争で負ける」
と世の中を冷静に見つめ続けた母。

そして何より痺れたのがアル中の大尉キャプテンK

周りに流されず 冷静に「自分の頭」で判断する力。
どんな時代であっても
「自分軸」をブレずに持って生きていきたい
と考えさせられた作品。

今年初の映画が「ジョジョ・ラビット」で本当に良かった。
「シンドラーのリスト」
「ライフ・イズ・ビューティフル」に次ぐ傑作となって欲しい。