映画【ジョーカー】怖がり40代主婦が観た感想。「グロい」「怖い」というよりも精神的にこたえる。忘れられぬ作品に。

ピエロの気球 映画

2020年アカデミー賞で
ホアキン・フェニックスが主演男優賞を受賞!

映画「ジョーカー」は公開と同時に話題になり、
劇場に観に行こうか悩んだけれども
なんせ怖がりな私・・。

真っ暗な劇場内スクリーンにジョーカーのアップが映し出されたら怖くて最後まで観れないかも・・、と思いDVDレンタルされるのを待ちました。

先日、やっとレンタル解禁!

40代の怖がり主婦が「ジョーカー」を観た感想です。

スポンサーリンク

ジョーカー作品情報

公開・・2019年
監督・・トッド・フィリップス

洋画、R15指定

ジョーカーあらすじ

街の片隅で大道芸人(ピエロ)として生計を立てるアーサー。
病気の母と2人暮らし。
突然、笑い出してしまうという疾患あり。

大変な状況ながらも前を向き頑張っていたアーサー。
なのに不幸が重なり銃で殺人をおかしてしまう。

絶望に転がり落ちる男の人生を描いた作品。

ジョーカー主人公

アカデミー賞主演男優賞を受賞した
ホアキン・フェニックス。

なんとこの方、
映画「スタンドバイミー」でもお馴染みの
リバー・フェニックスの実弟なんです!

演技が上手。
特に後半の狂気の表情は鬼気迫るものがあります

R15指定

たしかに人は殺される。
目を背けたく場面もある。

しかし、
それ以上に観終わった後、マジで精神的にこたえる

ジョーカーは「悪」
だけど、あのような状況になったら
誰しもがジョーカーのように成りうる可能性はあるのでは?

深く考えさせられる。

グロいシーン、イヤらしいシーンがあるからR15指定というより倫理的な観点からR15指定になった気がする

ジョーカー感想

ストーリーは奥深い。

観終わった後に心が重くなる
ジョーカーに感情移入してしまう。

ラストに
赤いスーツに身を包み、軽やかに踊る姿に
格好良い・・
と見惚れてしまう。

私にとって「ジョーカー」は
機会があっても2度と観たくない映画

しかし
心の中に、ずっと残り続ける作品です。

【パラサイト 半地下の家族】手に汗にぎる2時間!予想外の展開に「先が全く読めない!」
【パラサイト半地下の家族】2019年韓国映画。予想外の展開に手に汗にぎる2時間。怖がりな40代女性は一人で劇場に観に行くのは辞めておかれたほうが良いかも・・。隣に座る人と思わず手をつなぎたくなる映画でした。