【たおやかに輪をえがいて】夫が風俗店に通っていたら・・、あなたならどうしますか?

たおやかに輪をえがいての表紙

「夫が風俗店に通っていたら・・!?」
「大学生の娘が、50代男性と付き合っていたら・・!?」

あなたならどうしますか?

窪美澄さんの本『たおやかに輪をえがいて
主人公は52歳のパート主婦。
平穏な日々を過ごしていた彼女ですが、ある日、夫の背広ポケットから風俗店ポイントカードを発見します。

夫に確認するか否か・・
あなたならどうされますか??

スポンサーリンク

「たおやかに輪をえがいて」あらすじ

結婚20年、52歳のパート主婦・絵里子。
平穏な日々を暮らす彼女。

ある日、夫の背広から風俗店ポイントカードを発見します。
問い詰めること無く、今までどおりの暮らしを続ける絵里子。
そして大学生の娘も危険な恋愛に嵌っていることに気付きます。
どこまで首を突っ込み干渉して良いか悩む母の姿・・

人生の中盤、妻でも母でもない、新しい生き方を選んでいく女性のストーリー。

夫が風俗店に通ってる・・!?

もし、あなたの夫が風俗店に通っていたらどうしますか?

問い詰める?
知らないふりをする?

私なら問い詰めちゃうかなぁ・・
でも問い詰めることによって「離婚」に発展したり、今の暮らしを継続できなくなるのは避けたいかも。

大学生の娘が援助交際・・!?

もし、大学生の娘が50代の男性と仲良く歩いている姿を見てしまったらどうしますか?

子どもの性の問題、どこまで首を突っ込んでよいのか?
干渉してよいのか?
悩みますねー。

主人公・絵里子

子どもが成長して、家族団欒の時間を取るのが難しくなり
1人で晩ごはんを食べることが増える

街で見かける家族連れに、過去を重ね合わせてばかり。
思い出の中でしか生きられない

ホームセンターでパート勤務。
ポイントメイクのみ、白髪が伸びてきても気にならない

「もぅ〇〇歳だから」
「私は、おばちゃんだから」
自分を必要以上に卑下してしまう

52歳の絵里子。
自分と重ねてしまう部分が多々あり。

「たおやかに輪をえがいて」感想

夫の風俗通い娘が50代男性と援助交際??
家族のあれこれに振り回される52歳女性。

前半は主人公・絵里子の苦悩が続きます。

しかし中盤以降は、
家族に振り回されず自分自身の生き方を見つめなおしていきます

こんなトントン拍子で物事が上手く回っていく訳ない、、
とは思うけれども。

家庭重視だったパート主婦が、自分の足で生きていく!
これからの人生に悩んだとき、背中を押してもらえる1冊です。

同年代女性に是非よんでいただきたいです

窪美澄さんの他の作品

窪美澄さんの作品は、性描写も多いけど、女性の繊細な心が描かれていてとっても読みやすい。

Kindle Unlimitedに入会すると窪さんの作品がPCやスマホで読むことが出来ます。
Kindle Unlimited とは、対象の本、漫画、雑誌が全て読み放題になるサービス。

30日間の無料体験期間で解約することも出来ます。

⇒Kindle Unlimited 無料体験を試してみる